ノンバンク系って何?キャッシングで利用すべきなの?

ノンバンクとは、どのような会社なのでしょうか?
今回は、ノンバンクについてご説明したいと思います。

ノンバンクとは、その名前の通り「銀行では無い」=つまり、預金を行わない金融機関を指しています。
つまり、クレジットカードの会社や信販会社、消費者金融会社、リースの会社などを意味するのです。

ノンバンク系の会社からキャッシングを行うという事は、簡単に言えば「賃金業法」の適用会社からお金を貸してもらうという事です。

有名なアイフルやアコム、プロミスという会社のホームページを良くご覧になってみて下さい。
賃金業法の適用を受けた「日本賃金業協会会員第〜業」という表記がされている筈です。

この届け出を行っているのが、正規のノンバンク系「金融機関」であり、登録を行わずにお金を貸し付けているのは、違法なヤミ金融だと言えます。
しかし、ヤミ金融の中にも「一定期間だけ加入後、脱退」しているにも関わらず、過去の登録番号を記載したり、偽物の登録番号を載せている所も存在します。
だまされないように、十分注意をして見分けるようにしましょう。

ノンバンク系の金融機関の場合、2010年以降は「総量規制」の対象として貸し出しの規制が存在しています。
まず、年収の1/3以上の借り入れは禁止されています。
そして、金利はいわゆる「銀行カードローン」と比べて、高めの設定となっています。
しかし、銀行系よりは審査が緩やかで、貸し出し実施のハードルも低めです。
急いで融資を必要としている人や、審査に自信の無い人は利用すると良いでしょう。

その一方、ノンバンク系の金融機関は「総量規制対象のサービス」として、いろいろ不自由を感じるかもしれません…。
もし、借り入れの金額が大きい人や、返済途中で毎月の負担が大きく、首が回らないような人は、是非銀行の貸し出す「おまとめ目的ローン」を利用するようにしましょう。

またこれから個人融資をご希望の方はこちら→カードローン

キャッシングやカードローンを組めないのは、どういう人なの?

非常に便利に利用できる、カードローンやキャッシングサービスですが、審査に通らない事には、利用することも不可能です…。

殆どのカードローン会社や銀行では、大体同じような審査基準が設けられていますが、会社によっては、それぞれ独自の審査基準を設けています。
専業主婦が利用できる借入のカードローンについての注意点を利用前に知っておくと安心です。

しかし、一般的には借りられない人のパターンが幾つか(パターンが)決まっています。
今日は、ここで簡単に紹介していくことにしましょう。

まず一つ目の、借りられない人のパターンですが、 3、4社以上のカードローン会社から、数百万円まで借り入れを増やしてしまった方は「おまとめローン」などを借りる事も難しいかもしれません…。
このような場合は、毎月の返済だけで精一杯になってしまっているのではないでしょうか…?

こうした状況では、決して無理をせずに、これ以上の借り入れを増やさない様にしましょう。
出来れば、専門家や弁護士等に相談することを考えてみてはいかがでしょうか?

次に、国から補助を受けていたり生活保護受けている方は、カードローンに申し込む事が出来ません。
カードローンで審査を通過をするには、基本的に、毎月の定期的な収入証明が必要です。
働くことが可能である場合は、カードローンに申し込むことが出来ますが、生活保護を受けている場合は現在の生活状況を見直すようにしましょう…。

次に、無職で収入状況飲み込めない方は(主婦でない限り)カードローンに申し込む事が不可能です…。
また自己破産や任意整理などをして、あまり時間が経っていない方は、一般的にカードローンやキャッシングサービスを利用することは出来ません。

今、弁護士などを通じて「過払い請求」の件数が増えていると言います。
しかし、こうしたことを起こてしまうと、キャッシングやカードローンを申し込めなくなってしまうので(十分考えた上)行動するようにしてください…。

また、主婦の方もカードローンを組むことが出来るのですが、配偶者の収入状況や借り入れや貸付の状況によっては、審査に落ちてしまう事もあるので、注意が必要です。

また水商売の方はキャッシングができないと思ってる方も多いと思いますが利用可能な業者はこちら→消費者金融